東京2020パラリンピック2年前イベントに久光製薬がブース出展しました。

2018年8月25日、2020年の東京パラリンピック開幕のちょうど2年前となったことを記念した「開催まであと2年! 東京2020パラリンピックカウントダウンイベント~みんなのTokyo 2020 2 Years to Go!~」が都内で開催され、東京2020オリンピック・パラリンピックのパートナー企業である久光製薬株式会社がブースを出展した。

パートナー企業である久光製薬のブース

会場には東京2020マスコットであるミライトワとソメイティも登場し、パラリンピアンらによるトークセッションも行われ、東京2020パラリンピックの全22競技の紹介とともにデモンストレーションも実施された。
パラリンピックのルールや応援の仕方、競技ごとの特徴を解説しつつ、クイズ型式で出題し、来場者を多いに楽しませていた。

会場には2020年東京オリンピック・パラリンピック大会のマスコットであるミライトワ(左)とソメイティも登場した

夕方から実施されたセレモニーには、6種目のパラリンピアンの他、東京2020パラリンピック競技大会関係者による、成功と活躍を祈って作られたフラワーオブジェが披露された。
2020年に向けた取り組みとメッセージが来場者に送られ、パラリンピックへの興味・関心を深めるイベントとなった。

会場にはトークセッションやセレモニーが行われたステージ以外にも、久光製薬株式会社を始めとした、パートナー企業・関連団体によるブースが出展されていた。
パートナー企業・関連団体によるブースでは、東京2020パラリンピック競技への挑戦コーナーや、スポーツ義足の体験コーナー、記念撮影が行えるコーナーなどが用意され、子どもから大人まで多くの来場者がスペシャルなイベントを楽しんでおり、会場内は、親子を中心に大賑わいだった。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

貼るを、未来へ。

久光製薬はこれまでも、スポーツ支援を通じて、
健全な社会の発展と
人々の健康づくりをサポートしてきました。
「東京2020オフィシャルパートナ(外用鎮痛消炎剤
として大会の成功に貢献するとともに、
「貼る」治療文化を通じて、
人々の健康で豊かな生活の実現に取り組んでまいります。

Tomohiro Ohsumi / Getty Images Sport