久光製薬presentsバレーボール教室開催。秋田の小学生100人にバレーボール指導。

バレーボール女子・久光製薬スプリングスに所属する選手によるバレーボール教室が8月3日、秋田県立体育館にて開催された。

久光製薬スプリングスの選手、左から今村優香選手、加藤光選手、井上愛里沙選手、長岡望悠選手、野本梨佳選手

久光製薬スプリングスの選手、左から今村優香選手、加藤光選手、井上愛里沙選手、長岡望悠選手、野本梨佳選手

子どもたちにプレーを見せる選手たち

子どもたちにプレーを見せる選手たち

当日は暑さの厳しい中、日本代表の今村優香選手(25)、リオデジャネイロ2016オリンピックに出場した長岡望悠(みゆ)選手(28)ら5人の選手が、地元の小学生約100名に、バレーボールの楽しさを教えた。

憧れの長岡選手とハイタッチ

憧れの長岡選手とハイタッチ

参加者は準備体操の後、サーブやレシーブ、アタックといった基本動作の手ほどきを受け、最後には久光製薬スプリングスの選手と対戦するゲームも行われた。

今回のバレーボール教室は、「東京2020参画プログラム」に認定されており、東京2020オリンピック・パラリンピックを盛り上げていくきっかけのひとつとして、子どもたちに「スポーツの楽しさ」や「次世代へのレガシーの継承」、「地域との繋がり」を伝えるプログラムの一環として開催された。

子どもたちはのびのびとバレーボールの練習に励んだ

子どもたちはのびのびとバレーボールの練習に励んだ

選手たちも参加した小学生たちも、笑顔いっぱいで楽しい時間を過ごすことができたようだ。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

貼るを、未来へ。

久光製薬はこれまでも、スポーツ支援を通じて、
健全な社会の発展と
人々の健康づくりをサポートしてきました。
「東京2020オフィシャルパートナ(外用鎮痛消炎剤
として大会の成功に貢献するとともに、
「貼る」治療文化を通じて、
人々の健康で豊かな生活の実現に取り組んでまいります。

Tomohiro Ohsumi / Getty Images Sport