参画プログラム

久光製薬の「仮囲いアートプロジェクト」が東京2020を感じるきっかけに

久光製薬は現在、九州本社近くにある西公園に建設中のミュージアムの仮囲いを活用した「久光製薬 仮囲いアートプロジェクト」を実施している。

久光製薬 九州本社は、西公園に建設中のミュージアムの仮囲いを活用した「久光製薬 仮囲いアートプロジェクト」を実施中

同プロジェクトは先般、「東京2020公認プログラム」に認定された。東京2020公認プログラムとは、スポーツだけでなく、文化芸術や地域での世代を超えた活動、被災地への支援など、参加者自らが体験・行動し、未来につなぐものとして認証するプログラム。本アートプロジェクトは、「文化」分野として認証されている。

仮囲いにカラフルに仕上げられた数々のアートのテーマは「私が参加する東京2020オリンピック・パラリンピック」。作品づくりに参加したのは、「さくらさく保育園(鳥栖市)」「田代保育園(鳥栖市)」「田代小学校(鳥栖市)」「田代中学校(鳥栖市)」「中原特別支援学校鳥栖田代分校(鳥栖市)」に通う子どもたち。

参加校からは、「子どもたちがオリンピックを感じるきっかけとなった」という声が寄せられており、近隣の保育園や小学校、中学校、特別支援学校に通う子どもたちによる作品群に、道行く人も自然と笑顔になっているという。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

  • Olympic Games TOKYO 2020 あと600
  • TOKYO 2020 Paralympic Games あと632

最新記事

  • 2019.10.01 キャンペーン 久光製薬HELLO!...
  • 2019.05.20 東京2020関連記事 久光製薬が東京202...
  • 2019.04.18 参画プログラム 久光製薬が宇都宮工場...
  • 2019.04.15 キャンペーン 久光製薬HELLO!...
  • 2019.02.28 参画プログラム 久光製薬、筑波にてア...

関連記事

  • 2019.04.18 参画プログラム 久光製薬が宇都宮工場...
  • 2019.02.28 参画プログラム 久光製薬、筑波にてア...

アーカイブ

久光製薬の願い「貼る」にしかない感動を伝えたい。