東京2020関連記事

久光製薬が誰でも参加できる東京2020のキャンペーンを実施

「東京2020オリンピック・パラリンピックの開催まであと1年」というムードとなってくる2019年。いよいよ東京2020が間近に迫った感も出つつある。

そして大会が近づくにつれ、東京2020のスポンサー企業も大会を盛り上げるべく、各種応援キャンペーンに力を入れている。

外用鎮痛消炎剤のカテゴリーにおける東京2020オフィシャルパートナーの久光製薬も応援キャンペーンを実施しており、誰でも参加可能としている。
クローズドキャンペーンも展開する企業が多い中、あえて誰でも参加可能な「オープンキャンペーン」を実施した久光製薬株式会社の担当者にその狙いを伺った。

久光製薬の東京2020オリンピック・パラリンピック担当者

久光製薬は2018年10月~12月にかけて「久光製薬 HELLO! TOKYO 2020 『貼るを、未来へ。』キャンペーン」を実施。
パソコンやスマートフォンから専用サイトにアクセスし、クイズに答えて応募すると抽選で合計2,020名に東京2020オリンピック・パラリンピックに関連した賞品が当たるキャンペーンだ。

実施した応援キャンペーンをなぜ誰でも参加できる、オープンキャンペーンにしたのか。久光製薬の東京2020担当者はこう語る。
「キャンペーンタイトルの『HELLO! TOKYO 2020』は『HELLO(ハロー)』と『貼ろう』という両方の意味合いをかけてつくったものです。
今回オープンキャンペーンにしたのは、パートナー企業として東京2020を盛り上げたいという想いがあり、誰でも参加可能なオープンキャンペーンを立ち上げました。久光製薬商品のご愛用者である中高年の方はもちろん、ぜひ若い世代の方にも参加していただきたいです」

『HELLO! TOKYO 2020』では、「パートナーコース」と「東京2020 マスコットコース」が用意されており、「パートナーコース」ではテレビやデジタルカメラ、ギフトカードなど、東京2020オリンピック・パラリンピックのパートナー企業の賞品が抽選で合計20名に当たる。
一方の「東京2020マスコットコース」は、東京2020マスコットであるミライトワとソメイティをあしらった久光製薬オリジナルピンバッジ等が抽選で合計2,000名にプレゼントが当たるキャンペーンとなっていた。

久光製薬オリジナルピンバッジ

注目してほしいのが「東京2020マスコットコース」のオリジナルピンバッジ。
一見すると、ちょっと地味に映らなくもないアイテムだが、実はオリンピック・パラリンピックならではのある習慣が関係しているとか。

「オリンピック・パラリンピックにおいては『ピン・トレーディング』といって、ピンバッジの交換をする習慣があるので、ピンバッジは絶対に作りたいという思いがありました」。
実際、2018年に開催された平昌2018でもいくつものピンバッジを衣類に付けて競技を観戦している人もいたという。非売品の特製ピンバッジを来日して東京2020を見に来る外国人とトレードしたら、喜ばれるに違いない。

久光製薬ではこれからも東京2020を盛り上げるべく、魅力的な賞品が当たる応援キャンペーンの実施を予定している。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

  • Olympic Games TOKYO 2020 あと600
  • TOKYO 2020 Paralympic Games あと632

最新記事

  • 2019.04.18 参画プログラム 久光製薬が宇都宮工場...
  • 2019.04.15 キャンペーン 久光製薬HELLO!...
  • 2019.02.28 参画プログラム 久光製薬、筑波にてア...
  • 2019.02.27 参画プログラム 久光製薬が「みんなの...
  • 2018.12.20 東京2020関連記事 久光製薬が誰でも参加...

関連記事

  • 2018.08.27 東京2020関連記事 東京2020パラリン...
  • 2018.07.30 東京2020関連記事 東京2020オリンピ...

アーカイブ

久光製薬の願い「貼る」にしかない感動を伝えたい。