東京2020関連記事

久光製薬が東京2020⼤会に込める思いとは -担当者に聞いた

東京2020⼤会開催まで残り500⽇を迎えた。
およそ半世紀ぶりの「TOKYO」でのオリンピックの⾜⾳が聞こえ始めている中、協賛企業も東京2020オリンピック・パラリンピック競技⼤会の魅⼒を伝えるべく、体験型イベントやキャンペーンを全国各地で実施している。
久光製薬株式会社も、そんな盛り上がりを⽀える協賛企業の1社であり、今回は、東京2020⼤会のオフィシャルパートナーとして活動を⾏ってきた久光製薬株式会社のオリンピック・パラリンピック推進室室⻑に、協賛を始めてから現在に⾄る1年間の取り組み、そして今後の展望を伺った。

久光製薬の東京2020オリンピック・パラリンピック推進室室⻑

―東京2020⼤会のオフィシャルパートナーとなったきっかけとは?

2013年、第125次IOC総会で、2020年のオリンピック・パラリンピック開催地として東京が選出されました。
⽇本、そして東京でオリンピックを⾏う機会はそうそう巡ってくるものではありません。当社は代表的な商品である「サロンパス」を約40カ国に輸出しており、
世界のみなさまにご利⽤いただいています。東京2020⼤会は、我々の取り組みと商品を世界に向けて発信していく、またとないチャンスであると考えました。
東京が開催地に決まった瞬間から協賛に向けた活動を⾏ってきまして、はれて2018年2⽉6⽇にオフィシャルパートナーとなることができました。

――東京2020⼤会に向けた久光製薬の取り組みと反応について教えてください。

オフィシャルパートナーとなった2⽉6⽇に、⽇経新聞に「貼るを、未来へ。」というメッセージとともに、協賛コンセプトの内容を掲載しました。
そして東京2020⼤会を幅広く認知していただくために、イベントの協賛をはじめとした地道な活動を続けてきました。
「都市鉱⼭からつくる! みんなのメダルプロジェクト」などへの参加もその⼀環です。
現在、当社の社員も公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技⼤会組織委員会に出向しております。外用鎮痛消炎剤というカテゴリ―で東京2020オリンピック・パラリンピックにかかわれるのは、⽇本では当社だけということもあり、取引先の皆さまにも期待感をもって迎えていただいています。
社員のモチベーションも⾼まっています。東京2020オリンピック・パラリンピックの協賛という⼀⼤イベントに主体的にかかわる機会は、⾃分たちが仕事をしている中でもおそらく⼀⽣に⼀度しかないでしょう。
ボランティアなどの参加募集にも積極的に応募してくれる社員が多く、我々にとっても東京2020は元気になれる要素です。⼤会本番でも、当社の社員がいろいろな場所で活躍してくれるのではないかなと思います。
当社では、なによりも⼀般のお客様にメッセージが伝わることに重点を置いて活動しています。
応援のお⼿紙やグッズが欲しいという問い合わせをいただく機会も増えました。
久光製薬が東京2020オリンピック・パラリンピックに協⼒しているということ、そして東京2020⼤会の認知が進むのであれば、当社にとってこれほどうれしいことはありません。

――東京2020⼤会を通じてどのようなことを訴えていきたいですか?

⽇本には、⼿をかざして撫でてあげたり、さすってあげたりすることで痛みを和らげる“⼿当て”という、温かい⽂化があります。
そのような「貼って“⼿当て”をすることで癒しや安⼼感を与えることができたら」という考えで作っているのが、我々の貼り薬です。
実は「サロンパス」のような鎮痛消炎貼付剤、いわゆる”湿布”は海外のどこでも⼿に⼊るものではありません。
東京2020⼤会では、世界中から様々な⽅が⽇本にいらっしゃるでしょう。
この機会に、貼って“⼿当て”をする⽂化とそのための薬を体験していただきたい。
そして我々の活動を通じて、⽇本の良い⽂化を世界に広げていきたい、発信していきたいと思います。

――「貼るを、未来へ。」の“未来”にはどのような思いが込められているのでしょうか。

いろんな解釈をしていただいて良いと私は思っています。
貼り薬の新たな価値を⽣み出すという意味も、貼り薬そのものが未来に向けて新たに進化していくという意味もあるでしょう。
また“⼿当てする”という⾏為を通じて未来の⼈々の健康に寄与していきたいという願いや、久光製薬がそのような未来に向けて活動していきたいという思いもあります。
あいまいなワードかもしれませんが、さまざまな⽴場の社員⼀⼈ひとりが、その意味を⾃ら考え、未来に向けた可能性を模索していける⾔葉だと捉えています。
当社の基本⽅針は「お客様第⼀主義」です。
「貼るを、未来へ。」の“未来”にはお客様がいるということを忘れないようにしながら、このメッセージを伝えていきたいです。

「『貼るを、未来へ。』の“未来”にはお客様がいることを忘れてはいけない」と語る

――今後、久光製薬で予定されている取り組みがあればお聞かせください。

2018年10⽉に佐賀県⿃栖市の⻄公園に建設中のミュージアムの仮囲部分に設置した「久光製薬 仮囲いアートプロジェクト」に続く第2弾として、2019年2⽉に茨城県つくば市の筑波研究所の⼀⾓に「久光製薬アートプロジェクト」を展⽰しました。
さらに、地場の幼稚園や⼩学校の⼦どもたちが描いたアートを展⽰するこのプロジェクトをより⼀層広げようと計画しております。
当社の⽀店がある地域を中⼼に全国各地に展開し、東京だけでなく、⽇本全体で東京2020⼤会を応援していく機運を作っていきたいと思っています。
また現在、東京2020⼤会の関連グッズなどが抽選で当たる「久光製薬 HELLO! TOKYO 2020『貼るを、未来へ。』キャンペーン! 第2弾」も6⽉30⽇まで開催しています。
第1弾同様、どなたでも応募できる形になっております。

――東京2020⼤会以降はどのような⽬標を掲げているのでしょうか?

東京2020⼤会は我々の思いをお客様に届ける⼤きな機会ではありますが、これをスタートとして「貼る」という治療⽅法の可能性や「貼る⽂化」を世界中に伝え、皆さまのQOL向上を⽬指したいと考えています。
「貼るを、未来へ。」というメッセージを通じて、当社の理念をみなさまに知っていただくきっかけになってほしいですね。
そして東京2020⼤会終了後には、我々がこの理念を形にできるようにがんばっていかなければならないでしょう。全社員が同じ⽅向を向きながら、“貼って⼿当てをする”ことの良さを世界の⼈々に伝えていくための活動を、より進化させていきたいと思います。

全社をあげて東京2020⼤会を⽀援している久光製薬の取り組みに今後も注⽬したい

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

  • Olympic Games TOKYO 2020 あと600
  • TOKYO 2020 Paralympic Games あと632

最新記事

  • 2019.10.01 キャンペーン 久光製薬HELLO!...
  • 2019.05.20 東京2020関連記事 久光製薬が東京202...
  • 2019.04.18 参画プログラム 久光製薬が宇都宮工場...
  • 2019.04.15 キャンペーン 久光製薬HELLO!...
  • 2019.02.28 参画プログラム 久光製薬、筑波にてア...

関連記事

  • 2018.12.20 東京2020関連記事 久光製薬が誰でも参加...
  • 2018.08.27 東京2020関連記事 東京2020パラリン...
  • 2018.07.30 東京2020関連記事 東京2020オリンピ...

アーカイブ

久光製薬の願い「貼る」にしかない感動を伝えたい。